みなさんは、自分のバストをきちんと把握してますか?
最近は、可愛いブラジャーや機能的なブラジャーがランジェリー売り場には豊富に並んでいます。
そのため、ついつい自分の好みだけでブラジャーを選んでしまうことありませんか?

若い頃のバスト、出産後のバスト、加齢とともに垂れ下がったバストなどを補正してくれる道具としてブラジャーは大事なツール。

そのほかにやるべきことは、バストアップです。
バストアップを行いながら、ブラジャーで補正していくのが理想です。

バストアップには、ストレッチ、マッサージ、睡眠、栄養などさまざまなことの積み重ねが大事です。
マッサージは自己流では効果はありません。

エステサロンでのバストアップなど、いろいろな方法があるようですが、バストアップDVDなども販売されています。

エステサロンのバストアップ施術は、やはりプロにしかできないマッサージで、高さのある美しいバストを実現。

大胸筋への刺激により、立体的なバストが期待でき、立体的なバストにより、美しいウエストラインが手に入るとしたら・・・。

エステに加えて、家でも、背筋をピンと伸ばして胸の前で拝むような形で手を合わせることから「拝み体操」と呼ばれる大胸筋トレーニング体操を行うと効果的です。

詳しいことはバストアップのエステの参考サイト→こちらのホームページが参考になります。

東京工科大学には、臨床工学科という学科があります。
臨床工学科では、医療機器を操作することによって先進医療を支え、貢献していけるような臨床工学技士を目指せます。

臨床工学技士は、医療機器のスペシャリストとも呼ばれており、生命維持装置(人工呼吸器、人工心肺装置、人工透析など)の操作および保守点検がメインの仕事になります。
近年の目覚ましい先進医療においては、臨床工学技士の重要性は日を重ねるごとに重要性が増しており、特に大学の臨床工学技士の育成機関は大変注目を集めています。
また、医療と工学に精通している唯一の医療専門職としてもさまざまな分野からも将来を有望視されています。

東京工科大学の臨床工学科の専門科目は、
・生体計測機器学
・内科系臨床化学Ⅰ
・血液浄化装置学
・臨床実習
があり、各科目を専門的に学ぶことで臨床工学技士を目指していきます。

そして、最終的には国家資格である臨床工学技士の国家試験受験資格が得られます。
他にも、第1種ME技術実力検定試験や第2種ME技術実力検定試験を目指すことも可能です。

臨床工学技師にご興味のある方や目指したいという方は、東京工科大学の臨床工学科のホームページ、
→こちらのWebサイトをぜひ一度ご覧ください。